LED電球


営業4課の榎本です。

私は営業4課と営業企画課という課に所属してます。

営業4課とは主に「ソフトウエア」を販売する課なのですが、私の場合、営業企画課というところも兼任してます。

では、営業企画課とは?

ハザン商会として今後の「柱」となる新しい商材を見つけて企画するという部署です。非常に面白い課です。

今のところ主力としては、配管系の保温材と水銀灯に置き換わるLED電球の2つがあります。

 

水銀灯に置き換わるLED電球は、交換すると非常にメリットが出やすいものです。

通常の水銀灯は300ワットや400ワットのものが多いのですが、それをLEDに置き換えると90ワットや135ワットに下がります。

一般的な電化製品と置き換えてみるとより分かりやすいです。

冷蔵庫→500~600W(10年前と今では、省エネになっている)
炊飯器→1000W(※炊飯時 最近はIHが主流ですのでこれ以上かかる物も有)
電子レンジ→500~600W
電子オーブンレンジ→1000~1300W
IH電磁調理器→4800W(※最大運転時)
換気扇→50W~100W
石油・ガス給湯器→100W
電気温水器→4400W(大きさにもよる)
エコキュート→4000W(大きさにもよる)
温水洗浄便座→1300W(最近売れ筋瞬間湯沸しタイプ)
温水洗浄便座→400~500W(安価タンクタイプ)

 

工場や倉庫で水銀灯照明を50個使用しているところでは、家庭用冷蔵庫を40個も吊り下げて使用している計算になります。(単純な計算ですが)

何気なく使用している水銀灯も家庭用の電化製品と置き換えてみると、どれだけ電力を使用しているのかが分かりやすくなりますね!

さらに全体のワット数を下げるということは基本料金自体の見直しが出来ます!

基本料金も下がって電気代も下がる。こんなお得な話はないと思いますよ!さらに補助金制度が適用された場合はホンの数年で元が取れる計算になります。

賢く買って経費を抑える!そんな時代が当たり前になってきました!

 

今年も残暑が厳しくなかなか暑さが引かないのですが、常にecoを意識して営業をしていきたいと思います。

※10月末に”産業交流展”という展示会に配管系の保温材と水銀灯置き換えのLEDを展示しますので是非ご来場ください!

筑波山

(写真:筑波山)