【夏季休業のお知らせ】

誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。
期間中はご不便をお掛けする事もあるかと思いますが、
御了承の程宜しくお願い申し上げます。

休業日程:平成29年8月11日(金)~平成29年8月15日(火)
業務開始:平成29年8月16日(水)より通常営業

管見4


皆さんこんにちわ 前回は 戦略 戦術 等のお話をさせて頂きました 今回は 航空母艦についてお話させて頂きます.
現在海上自衛隊には 空母タイプの甲板を持つ護衛艦が7隻有り 内3隻は輸送艦おおすみ型
後 DDHと呼ばれる ひゅうが型といずも型が各2隻あります.
海外ではこのDDH(全通甲板)クラスの4隻を ヘリ空母と呼んでいます シルエットは小型空母そのもので有り
スキージャンプ台をそなえれば垂直離発着機(ハリヤ-やF-35)を搭載する事は可能です
真意の程はわかりませんが海上自衛隊ではこの4隻にて航空機の運用実績を作り 将来的には強襲揚陸艦(アメリカ海軍の ワプス型)
もしかするとアメリカ海軍の空母(10万トン級)の小型版(6万トン級)を建造し運用すると言われています.

今日 某隣国の海洋進出の行動が活発で有り 皆さんご存知の通り以前にウクライナから旧ソ連製未完成空母を購入し大改装し自国初の空母をして就航させました
又 今年同タイプの空母を就航させています アメリカのそれと比べると性能 運用 実績あらゆる面でまだまだ差は有りますが
追われる者より追うものの方が明らかに勢いが有り差は縮まっているのが現状です. 声明でも明確に間接的では有りますが外洋進出の野望が有ると出しています

日本はかつての様に 軍拡をしていけば必ず戦争になります 当時はマスコミがあおり対米線へ向かうしかなかったととかアメリカが戦争になる様に仕掛けた
(ハルノート)等 日本がアメリカに勝てない事を感じながら突き進んで行きました その後先人のがんばりで わずか19年で オリンピックを開催する迄になりました.
現在では考えられませんが あと30年もすれは戦後100年 世論が戦争に対してどの様な考え 価値観を持つか 全く予想がつきません.

日本が再び 本格的な空母を運用するにはリスクが大きいはずです 上手く外交 東アジアに限らず他国とも連携 協力して事にあたって欲しいものです

最後に 北朝鮮と韓国が統一する事は思想や遺恨が有り簡単にはならい様ですが 一番の理由はロシア 中国 アメリカの大国の思惑がかみ合わない為と理解します
ただ 現状の戦争状態(現在は休戦しているだけ)を解き お互いの国を認め合い 経済 文化等において切磋琢磨して欲しいものです
その後 元は同じ民族なので 自然と統一に向かう事になれば良いです

IMG_0399

写真は海上自衛隊 第一護衛隊群 第一護衛隊 所属 いずも型護衛艦 ”いずも”
注 : 現時点では オスプレイ F-35Bの搭載予定は有りません.