猛暑対策展出展します

第5回 猛暑対策展

平成から令和


最近平成を振り返るテレビ番組が多いですね。

こういう番組を見ているといろいろな事があったなと思います。

私は昭和と平成ほぼ半々で生きてきました。

平成に元号が変わった時、今日から平成?と違和感があったのを憶えてます。

でも、今は平成はなんの違和感も感じないで、きっと令和も当たり前の様に感じてくるんでしょうね。

平成の天皇陛下はいろいろな所で皇室初めての事をなさいました。

民間の人との結婚・お二人でお子様を育てたり、被災地などの訪問や膝をついて被災者の人と話をしたり、

雲の上の存在の皇室から親しみやすい皇室になっていったそうです。(テレビ番組の情報ですが)

直接天皇陛下にお会いした人が、涙を流して感謝している映像をみていると、国民の象徴として国民に寄り添った

本当にすごい方なんだと改めて思いました。

そんな天皇陛下と美智子様に育てられた今の皇太子殿下はきっと天皇陛下の意思を継いでくださるのだろうと

思います。

皇室の事を語った後で私事で恐縮ですが、こんな平成の最後に足を火傷してしまいました。(割とひどいです)

それこそ、昭和からずっと習っているジャズダンスの発表会の3週間前です。

出られるか、ヒヤヒヤしましたが、何とか出来そうでホッとしています。

令和元年5月5日 はたして無事踊れているでしょうか?(最後のステージなのに・・・)

まだ、私もわかりません。(笑)

平成の最後は色々あったので、令和は少し良くなってくれればと思います。

平成31年4月23日   管理課 佐伯