One Team


ラグビーワールドカップ2019が話題となりましたね。

日本での開催ということもあり、とても盛り上がり、にわかファンと呼ばれる人達も増えたと言われています。

(私もその内の1人ですが…。)

そして何より…!

日本代表がベスト8という快挙を成し遂げ、”one team”の力強さを感じました。

国民の期待が膨れ上がる中、結果を出した、こんな素晴らしい強さはありません。

                              

私自身、大学時代にラクロス部での活動を通じ、チームが一つになる事の難しさを経験しました。

                                            

ラクロスをご存知でない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明しますと、

網のついたスティック(クロス)を使ってボールをゴールへと運ぶ競技です。

ラグビーやサッカーと同じようにフィールドでプレーします。

                                

ラクロスは、格闘技とも言われる位になかなか激しいスポーツです。

ラグビーのタックルのように当たりに行くのはルール違反ですが、

敵のクロス内にあるボールを落としたり、

敵の攻撃を止める為に当たりにいったりと危険かつハードです。

                                   

全部で20人程の小規模なチームでしたが、よく意見が分かれてバラバラになる事が多く、

チームが1つになるどころか、立て直す事に頭を悩ますことが多い日々でした。

                                         


そんな中、チームを一つに出来たのは”話し合い”でした。

意見を出し合って一つの目標に向かっていくのがチームであるのに

意見出来ない環境がありました。


腹を割って話し合う事で、チーム皆がそれぞれ理解し合える事が出来ました。

そこに辿り着くのは簡単ではありませんでしたが、

だからこそ最後には笑って試合を終える事が出来ました。

                                    


ラグビー日本代表が準々決勝にて敗れた瞬間、 そんな事を振り返りながら、

選手の方々が泣いているのを見て感極まってしまいました。

                                   

また4年後も楽しみですが、

選手の方々にとっては始まりであり、大変な日々です。

どのスポーツにも言えますが、最近は行き過ぎた応援が気になります。

皆が温かい気持ちで応援し、

選手の方々が練習に専念できる環境を願っています。