東久留米を歩く


今年の4月~6月は、仕事以外で、電車に乗って出かけることは一切なく
土日祝日もほとんど自宅で過ごすことに自然と慣れている自分がいた。

本来、ずぼらなせいか外出自粛がストレスになることはないが、
運動不足はやはり気になるので、自宅周辺を散歩してみた。

「竹林公園」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新東京百景にも選ばれており、約2,000本の孟宗竹で埋め尽くされている。
その中を歩くと、太陽光がその竹に遮られて、昼間でも少し薄暗い。

「南沢緑地」

東京の名湧水57選にも選ばれており、豊かな湧水が流れ出しているらしい。
人気もないため、水と緑で心が洗われるような静けさを演出している。

「小山台遺跡公園」

縄文時代中期の遺跡があり、緩やかな傾斜地にある公園。
小高いの山の上からは、東久留米の街並みや西武線の電車も見える。

「落合川」

落合川の散歩道は、歩いている人、ジョギングしている人が、思ったより多く、
こんな時期は、みんな考えることは同じなんだと思った。

自宅周辺の住宅街を歩いてみると、初めてみる風景も多く
こんなところにも人々の暮らしが息づいているのかと思うと大変興味深い。

さらに、普段は気づかないような細い脇道に入ってみると、
小さなはちみつ屋さんがあったり、ちょっと変わった家があったり
東久留米に20年近く暮らしていても、以外に知らないものだ。

はちみつ屋 Kis Erdo(キシュ エルドゥ) ちいさな森
https://kiserdo.jimdofree.com/

路地裏にあったはちみつ屋さんは、見つけた時は休業中だったので
今度、営業再開したら、奮発して高級はちみつを購入してみようと思う。
忘れない内に!

                         営業二課 永井