‘社員ブログ’

夏の甲子園中止

新型コロナウイルスの影響で、日本経済は混乱
しています。緊急事態宣言は、解除されましたが
二次感染の危険性は、まだまだこれからあり得ます。

そんな中、夏の甲子園大会の中止が決定されました。
子供の頃から野球をプレーして来た球児には、
甲子園は憧れの舞台であり、目標の場所だったはずです。
それが、挑戦する機会もなく消滅したのは当事者にとっては
いたたまれない事だと思います。

私自身も、元球児でしたが結婚をして縁もゆかりもない土地に
引越しをしました。当然、周りの住民は知らない人ばかりでした。
しかし、縁があり息子の入部した小学校の学童野球チームのコーチ
になり、人脈構築は格段に広がりました。
チームは、小学校1年生から6年生まで在籍していて、その父母達
の輪が広がりました。
そして、息子よりも日々成長していくチームメイトの子供達の活躍
に私は魅了されていきました。
それは、チームを卒団した後も続き、毎年夏の甲子園予選時期には
高校野球を続けている子供達がベンチ入り出来たか、確認して応援
するのが楽しみでした。

今年は、昨年高校2年生でレギュラーを勝ち取り県内決勝戦で敗れた球児が
どれだけの成長を見せてくれるか、楽しみにしていました。

また、数年前ある球児は目標達成をして、甲子園に出場出来て燃え尽きた!
と言って新しい人生を歩んでいます。
現状は、高校野球を最後に現役を引退する子がほとんどです。

今回の緊急事態で、野球をプレーする事を燃え尽きる事が出来ず
高校卒業後も続ける球児が多くなり、数年後野球界で
“2002年生まれは黄金世代“と呼ばれるようになるかもしれません。

これを糧に、野球だけではなく色々なステージで元球児達が活躍する事を
心から願っています!