機能紹介

専門図書館向け図書管理システム「LX3.0」

 

 kashidashi
貸出・返却処理はバーコードやICタグを読み取るだけ。媒体に応じ、貸出制限冊数や貸出期間(開館日・閉館日を
設定して貸出期間の調整可能)をきめ細かく設定できます。
禁帯出本の一時貸出や返却予定日の変更・予約優先順位
の変更などイレギュラー処理にも対応し、督促状では自動
発行や個別発行、さらには予約督促など状況に応じた発行
が可能です。予約資料が返却されるとメッセージが表示され、取り置き・
予約者への通知がスムーズに行えます。さまざまなカードに
対応できるので、磁気カードやICタグ形式の社員カードでの
貸出も可能です。貸出情報の蓄積データは、資料の購入や
実績報告、さらに廃棄処理の判断などにも活用できます。
zoushok

書名、著者などの基本情報のほか、内容細目やURLなど
多数の入力項目があります。各種MARCからの取り込みで
データ作成は簡単。雑誌の未着や不定期な外国雑誌の受
入未着状況を確認したり、書店への「未着連絡表」の出力
や、メールでの問い合わせも可能。さらに最新受入雑誌
だけを禁帯出にもできます。出版社のWebページにリンク
しているので、汎用的な管理対応が可能です。また、増刊・
合併・別冊などの刊行予定の変更等にも対応可能。さらに
は発注データの翌年繰越処理が一発でできたり、各書店の
電子納本情報をもとに、受入処理が迅速に行えます。蔵書
点検はハンディターミナルを利用してデータを照合、不明
本の確認などが行えます(開館したままで蔵書点検を行う
ことも可能)。

不明本はOPACへ告知するだけでなく、除籍するなどシーム
レスな運用が可能です。

opac

高速全文検索エンジンの利用により、キーワードの設定な
しで書誌情報から検索できます。新着情報案内では図書館
利用者に新しい蔵書の告知が可能です。

またSDI配信サービス(カレント・アウェアネス・サービスの
ひとつ)を利用して、図書館利用者が興味のある分野や
好きな雑誌名を登録することにより、最新受入情報をEメール
で定期的に配信することができます。

このSDI配信サービスにより、これまでの画一的な新着案内
から、利用者それぞれにフィットした、詳細な情報の提供が
可能になります。また、利用者自身がWebOPACから購入依頼
を行ったり、自分の利用履歴を参照することもできます。

タッチパネルを利用したOPACでは、キーボードやマウスを
使わずに操作できます。

imex

 

紙へのプリントアウトだけではなく、出力のための各種方法
をサポートしています。テキスト形式へのエクスポート機能
も付いているので、データの二次加工に便利です。簡単な
操作で目的に合わせて、必要なデータを自在に取り出すこと
が可能です。例えば「バーコードと書名の一覧がほしい」
「書名と書店の表を作成したい」などにも対応できます。

また、テキストデータを使用したインポート機能も用意して
いますので、さまざまなシステムからのデータ取り込みが
可能です。