遮音用ファインジャケット

ホワイトグラスウールは高密度で吸音素材としても効果が高いです。
さらに高比重の遮音ゴムシートを挟むことでより高い効果が見込めます。
また、ファインジャケットのように取外し取付が柔軟にできるのでメンテナンス時でも担当者レベルで脱着が可能です。

SIFJ

freefont_logo_amemuchigothicl(1)

騒音対策は大きく分けると、以下の4種類に分類されています。
①音源対策(低騒音型の機械の使用等)
②屋外対策(建屋の防音等)
③外部対策(防音壁の設置等)
④その他(近隣住民への説明等)
下図は一般的な騒音の規制基準になります。

967281a6678ad6af50ad00dd0697ccfe

主な騒音の発生源としては、1位:建設作業、2位:航空機、3位:設備機械等となっております。
遮音用ファインジャケットは設備機械に直接取付けることが可能な全く新しい騒音対策になります。
屋外や複雑な形でも取付可能で見た目も大きく変わりません。

freefont_logo_amemuchigothicl(2)
85dB未満・・・第Ⅰ管理区分(耳栓不要)
85dB以上90dB未満・・・第Ⅱ管理区分(耳栓着用任意)
90dB以上・・・第Ⅲ管理区分(耳栓着用義務) ※非常時などは警報ではなく赤色灯が必要となる。

bouon-ph04

工場内の騒音管理区分として、85dB以上の場合は、保護具の着用や、警告灯の設置を義務付けられてます。
労災対策としても遮音用ファインジャケットは非常にお勧めです。

騒音による近隣住民とのトラブル解決に!
工場内の騒音管理区分対策として!

freefont_logo_amemuchigothiclfreefont_logo_geneipheavyver8(1)

1

3

freefont_logo_geneipheavyver8(2)

2

4